ニュース
» 2018年08月27日 13時56分 公開

ドワンゴ、最強コンピュータ将棋ソフトを決める「将棋電王トーナメント」の終了を発表

今後は「世界コンピュータ将棋選手権」へ賞金を贈呈していきます。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは、2013年から開催してきた最強コンピュータ将棋ソフトを決める大会「将棋電王トーナメント」を、第5回をもって終了することを発表しました。代わりに2019年より、コンピュータ将棋協会が主催する「世界コンピュータ将棋選手権」へ新たに「ドワンゴ賞」を設定し、1位〜3位に賞金を贈呈することを決定しました。

「将棋電王トーナメント」公式サイト

 「将棋電王トーナメント」は2013年11月、プロ棋士と最強コンピュータ将棋が対戦する「将棋電王戦」に出場するソフトを決める大会として開始。統一したハードウェアで勝ち抜いた優勝ソフトには“電王”の称号が与えられ、2014年〜2017年の電王戦におけるプロ棋士との対局を通じ、将棋界の発展および急速に進化する人工知能と人間の共存共栄について考察する機会を提供してきました。

2017年、「電王戦」の終了を知って驚く、当時の羽生三冠(現:竜王)

 2017年春に電王戦が終了した後も、技術開発を支援する目的で11月に5回目が開催されましたが、この度5回目をもって終了することが決定。1990年から続く「世界コンピュータ将棋選手権」へのさらなる協賛という形で、引き続きコンピュータ技術の発展をサポートすることにしたと発表しています。同選手権における賞金贈呈は20年ぶりです。

 コンピュータ将棋協会の瀧澤武信会長は賞金贈呈について、「(ドワンゴに)初めてご協賛いただいたのは2011年開催の第21回で、2014年開催の第24回からは連続6年にわたりご協賛いただくことになります。世界コンピュータ将棋選手権の模様がプロ棋士の解説付きでニコニコ生放送により中継されたこともあり、参加者が増えてきています。トッププロ棋士との電王戦および将棋電王トーナメントは惜しまれながらも解消されてしまいましたが、20年ぶりに賞金が出される、トッププロ棋士を越えたコンピュータ将棋同士の戦いにご注目ください」とコメントしています。

将棋電王トーナメント 歴代優勝ソフト※敬称略

  • 初代電王 (2013年): PONANZA(開発者:山本一成、下山晃)
  • 第2代電王(2014年): AWAKE(開発者:巨瀬亮一)
  • 第3代電王(2015年): PONANZA(開発者:山本一成、下山晃)
  • 第4代電王(2016年): PONANZA(開発者:山本一成、下山晃)
  • 第5代電王(2017年): 平成将棋合戦ぽんぽこ(開発者代表:野田久順)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう