ニュース
» 2018年08月27日 14時07分 公開

YouTubeの「スキップできない動画広告」、全クリエイターが利用可能に

利用するか否かは任意なので、スキップ不可の広告が入る動画ばかりになるわけでもないかも?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 YouTubeが一部のクリエイターに提供していた、「スキップできない動画広告」を全クリエイターに開放すると発表しました。適用は今後数週間をかけて行うとのことです。


 現時点で、YouTube動画の再生前後や途中に挿入される動画広告の多くは、5秒を過ぎるとスキップできる「TrueView」タイプ。こちらは視聴者がスキップした場合、クリエイターに広告料は入りません。


TrueView よく見かけるTrueView広告のスキップボタン。スキップ不可の動画広告の場合は当然ボタンが出ず、視聴者は広告を全て見てからでないと続きが見られない

 一方、スキップ不可の動画広告を利用した場合、本編の続きを見たい視聴者は一定時間(日本の場合最長15秒)広告を視聴することになるため、クリエイターに広告料が入りやすくなります。



 スキップ不可の動画広告を利用できるクリエイターが増えることは、視聴者にとってわずらわしい結果をもたらすかもしれません。ただし、利用するか否かはクリエイターの任意。発表動画のコメント欄には、「スキップ不可の動画を利用した数カ月間、収益は下がり続けた」との報告もあります。広告による視聴者離れを嫌い、他の形式の広告を採用するクリエイターもいるとは考えられます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう