ニュース
» 2018年08月27日 21時20分 公開

「動画ひどい」「税金の無駄遣い」と話題 環境省発の萌キャラ「君野イマ&ミライ」は本当に“無駄”なのか話を聞く (1/2)

YouTubeでの再生数は3桁のものも多数。しかしそれだけが全てというわけではないようで……?

[コンタケ,ねとらぼ]

 行政機関といえばサブカルチャーとは最も遠い所に存在しているイメージですが、2016年から環境省が“萌キャラ”を制作、推進しているのをご存じでしょうか。「君野イマ」「君野ミライ」という2人で、YouTubeに3DCGの動画も公開されています。


環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ 「君野イマ」と「君野ミライ」(画像はイマとミライ公式サイトから)

 しかし現在、この2人の動画が「クオリティーが低いのでは」「知名度ゼロ」「税金の無駄遣い」など散々ないわれようとなっているのです。果たして、そんなにダメな子たちなのか。環境省に直接話を聞いてみました。



環境省が“萌キャラ”に挑む

 そもそも「君野イマ」と「君野ミライ」とは、一体何者なのでしょうか。まずは簡単にご紹介いたしましょう。

 この2人は、環境省が推進する「COOL CHOICE」というプロジェクトから生まれました。「COOL CHOICE」は地球温暖化の抑止のため皆に危機意識を持ってもらうことを目的としており、省エネ家電への買い替えや、エコホームの建築、クールビズといった「賢い選択」をするよう訴求しています。



 そんななか、同プロジェクトは知名度向上を目的に、思い切った策を打ち出します。それが、萌えキャラクターコンセプト&キャラデザイン公募コンテスト。採用者には賞金も出ました。

 そして2017年3月29日、コンセプトとデザインが一般公募から決定。ぐうたらで不摂生な女子高生「君野イマ」が、鏡映しの並行世界「クールワールド」からやってきたしっかり者な自分自身「君野ミライ」から世界の人々にCoolなChoiceを伝える伝道師になってもらうべくエコな生活をたたき込まれる、というものになりました。デザインも、大変かわいらしい感じに。


環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ 季節服バージョンなども作られています


環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ 設定もしっかり作られています

 現在は「COOL CHOICE」公式サイトトップに、2人の特設ページが作られています。また、公式アプリにナビ役として登場したり、YouTubeに3DCGモデルで動く動画が多数投稿されたりと、積極的に活動中。動画内では、上白石萌歌さんが2人の声を当てています。


環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ 公式アプリにも登場

「動画のクオリティーが低いのでは?」

 しかし2018年8月20日になり、2人の活動に思わぬ物言いが入ります。ネットメディアが、「3DCG動画のクオリティーが低い」「動画再生数が3桁」「知名度ゼロ」「声優が棒読み」「莫大な税金の無駄遣い」など散々な評価を下した記事を公開したのです。

 この記事はかなり拡散され、YouTubeの動画のコメントにも厳し目のコメントが多数投稿されてしまうことに。某有名同人ゲームの二次創作と比較するコメントが多いのが印象的です。

 実際3DCGのモデリングはレトロ感漂うというか、ノスタルジーを感じるというか、もうちょっとモダンに仕上げられなかったのかなというところがあるのは事実です。また、上白石萌歌さんの演技も、未熟なところが目立つのも否定できません。


環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ レトロ感漂うモデリング


環境省 COOL CHOICE 君野イマ 君野ミライ 萌キャラ 今見ると厳しいところがあるのは事実





 また、この記事が公開されたことにより注目を浴び、一部の動画の再生数が急上昇。現在は3万回弱再生されているものもあります。

 しかし、果たして本当にそこまで「無駄」だったのか。「失敗」判定を、下してしまっても良いものなのか。生みの親である環境省に話を聞きました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.