ニュース
» 2018年08月28日 10時00分 公開

おぉぉぉ!!! これなら「忘れ物しない」 高速PAトイレの超絶グッドデザイン、これは何? NEXCOと共同開発元に聞いてみた (1/2)

スマホの置き忘れなんてもうしない。ゼッタイ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 高速道路パーキングエリア(PA)のトイレに忘れ物しないグッドデザインの小物置きが付いていた! と話題です。トイレの鍵を閉めるとあら不思議、スマホを置きやすい「小物置き」が登場します。鍵が小物置きならば、ほぼ絶対に忘れ物はしません。まさに超絶グッドデザイン。

NEXCO 北海道 八雲PA 小物置き 忘れ物防止トレイ 鍵をかける前NEXCO 北海道 八雲PA 小物置き 忘れ物防止トレイ 鍵をかけた後 トイレの鍵に小物置きが……これならば忘れ物しない!(写真提供:わかめごはん推進派ぴこさん)

 これは一体何でしょう!!! 高速道路を管理するNEXCO東日本北海道支社と開発元のベストさんに設置意図や開発背景を聞きました。

施錠すると「小物置き」が現れるトイレの鍵

 Twitterに投稿したわかめごはん推進派ぴこ(@picco_lo_)さんによると、この“忘れ物防止トレイ”を見つけたのは、2018年8月、高速バスで札幌から函館に向かう際、休憩で道央自動車道の八雲PAに寄ったときのことだそうです。

 トイレに入ったところ、やけに鍵が大きいことが気になりました。不思議に思いつつもくるりと施錠したら、“小物置き”の表示が! 「なるほどー!」と感心し、写真を撮るためにわざわざバスにスマホを取りに戻ったのだそうです。

NEXCO「忘れ物対応に時間を取られていた」

 NEXCO東日本北海道支社によると、この“忘れ物防止トレイ”を発案したのは室蘭管理事務所の職員だそうです。常々、忘れ物対応に時間を取られてしまうことに問題意識を持っていました。利用客から忘れ物の連絡や問い合わせがお客さまセンターや管理事務所にあると、管理事務所の職員が現場まで取り行くためにどうしても手間と時間がかかってしまいます。同事務所の管轄域内では、忘れ物が年間平均で90件起きていたそうです。

 特に多かったのがスマホ、鍵、財布などの小物。そこで発案したのが、トイレの鍵と一体にした小物置きでした。北海道内高速道路のSA(サービスエリア)・PAのトイレの鍵を多く手掛けていたメーカーのベストに協力を依頼し、「忘れ物防止トレイ」を共同開発しました。

NEXCO 北海道 八雲PA 小物置き 忘れ物防止トレイ 財布 スマホ 鍵 SA・PAでは、スマホ、鍵、財布の忘れ物が多かった

 「忘れ物防止トレイ」は2017年9月に有珠山SA(札幌方向)に試作初号機が設置されます。設置前9カ月間の忘れ物が7件だったのに対し、設置後9カ月は2件に減少し、職員の対応時間も270時間から108時間に減りました。

 このようにかなり効果があったことから、NEXCO東日本北海道支社は設置箇所を拡大することにしました。2018年8月14日時点で8カ所、計61室に設置しており、今後は忘れ物数の変化や耐久性などを見て、結果が良ければ増やしていきたいとのことでした。

NEXCO 北海道 八雲PA 小物置き 忘れ物防止トレイ 北海道 道央自動車道付近(NEXCO東日本 高速料金・ルート検索から)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.