ニュース
» 2018年08月28日 14時09分 公開

Windows95の「例の迷路」をVRChatで再現する職人現る 懐かしすぎて目から水が……

実際に歩いてみました。VRChatは、VR機器がなくとも体験できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Windows95には、3Dの迷路をさまよう映像のスクリーンセーバー「3D Maze」が搭載されていました。PC売り場のデモ機で流れているのを延々ながめていた人も多いであろう「あの迷路」を、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」上に作り上げた猛者が現れました。自分の操作で本当に歩ける!



入口 なつかしーっ!(画像提供:モスクワさん)

 VRChatは、仮想空間上でユーザーが好きなアバターの姿となり、コミュニケーションやワールドの散策を楽しめるサービス。ワールドはユーザーが自分で作ることができ、エンジニアのモスクワ(@moscow17)さんはUnityとProBuilderを使用して、ワールド「VR Windows95 Maze」を制作しました。

 筆者はVR機器を持っていないのですが、実はなくともVRChatに参加することはできるので、実際に迷路へ挑戦してみました。クライアントのインストールやアカウントの取得、チュートリアルなどを済ませてワールドを移動すると……出ました。懐かしいスタートボタンが、Windows95の起動音とともに!


VRChat公式 クライアントは公式サイトSteamで入手できます


ワールド情報 VRChat導入後、このページで「VRChat起動」ボタンを押すと迷路へ行ける

スタート ピコン、トゥイン、テンテンテンテン……と、迷路へ突入

 迷路の中にはペラペラの壁が張り巡らされていて、スクリーンセーバーで見た世界そのもの。元ネタ同様にネズミや謎のオブジェなども出てきて、目印にはなるのですが、闇雲に歩くとすぐに迷ってしまいます。延々うろついていると、スクリーンセーバーの挙動を実演しているような気分に。


迷路

迷路 うろつくだけでスクリーンセーバーの思い出がよみがえる。VRで体験したらもっと楽しかったんだろうなあ……

壁 この、壁のペラペラ感よ

オブジェ

ネズミ

絵 元ネタにあったオブジェもきっちり再現

 試行錯誤の末に、元ネタで終点を意味していた笑顔のマークを発見。そこから脱出すると、外にはさわやかな青空と草むらが広がっていました。Windows95時代、あの迷路を自分で操作してみたかった欲求が満たされたので、気になる人はぜひ遊びに行ってみてください。


出口 やっと出口が……!

脱出 外にはさわやかな青空が。ちなみに、草地から外へ落ちるとスタート地点に戻ります

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう