ニュース
» 2018年08月29日 17時30分 公開

見た目は70年代、中身は近未来 カラシニコフが開発した電動スーパーカー「CV-1」の旧ソ連感がすごい (1/2)

フロントグリルからミサイル出てきそう。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 ロシアの軍需企業「カラシニコフ」が1970年代の名車をモチーフにした最新EVカー「CV-1」を発表しました。

ロシア カラシニコフ CV-1 EV 電気自動車 スーパーカー 旧ソ連 カラシニコフが開発したスーパーEVカー「CV-1」(写真はオフィシャルより)

 1970年代のロシアで普及していた小型自動車「Izh 2125(Kombi)」をモチーフにしたデザインがCV-1の大きな特徴。旧ソ連時代の雰囲気を持つレトロなルックスですが、その内側には最新の技術が詰め込まれています。

 最大出力は500キロワット、最高速度は不明ですが時速100キロまでの加速は6秒以下というスペックを持ち、1回の充電でおよそ350キロほどの距離を走るそうです。

ロシア カラシニコフ CV-1 EV 電気自動車 スーパーカー 旧ソ連 後ろから見たCV-1(写真はオフィシャルより)

 発表されたCV-1は現時点でコンセプトカーという位置づけにありますが、世界で最も有名な銃「AK-47」で知られているカラシニコフが、事業の多角化を目指す計画の1つとして進められており、「テスラ」などの電気自動車メーカーの大手各社をライバル視しているそうです。

 発売予定や価格、詳細なスペックなどは現段階で明らかにされていませんが、今後の展開に期待したいですね。

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.