ニュース
» 2018年08月31日 12時30分 公開

プレイステーション 2の修理受付が8月31日で終了 一時代を築いた名機

修理の申し込みは8月31日まで受け付け。機器の送付は9月7日まで必着となっています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIE)の据置ゲーム機、プレイステーション 2(PS2)の本体(全バージョン)および周辺機器の修理受付が、2018年8月31日を最後に終了します。告知は6月22日にされていたものですが、いざ終了となると寂しい。


告知 終了の告知

 PS2は2000年3月4日に発売され、2011年には累計出荷台数が全世界で1億5000万台を突破した、2000年代の代表的なハード。「ドラゴンクエストVIII」や「ファイナルファンタジーX」など、多くのヒット作が生まれました。DVD再生機能も備えており、DVDを身近なものにした側面もあります。


PS2 幾度ものマイナーチェンジを経て、2004年には薄型軽量化がなされました(画像は公式サイト掲載の最終モデル)

 修理については8月31日まで、オンライン修理受付サービスで事前申し込みを受け付け。機器の送付は9月7日まで必着となっています。

 PS2用ゲームは、ごく一部が「PS2ゲームアーカイブス」として配信されており、遊ぶ手段が完全に途絶えるわけではありません。ただ、ディスク版が動くのは現存する実機だけですし、互換性のある初期型PS3もアフターサービスが終了しています。まだ動く本体がある人は大切に使いましょう。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう