ニュース
» 2018年09月09日 15時00分 公開

好奇心いっぱいだよ! キノボリカンガルーの赤ちゃんが元気に探検している姿がかわいい

なんでも知りたい!

[かのん,ねとらぼ]

 豪タロンガ動物園のキノボリカンガルーの赤ちゃんが自分の足で歩きはじめました!



 小さな体で一生懸命、綱につかまるキノボリカンガルーの赤ちゃん。木の上で暮らすキノボリカンガルーは、高いところでバランスをとるために尻尾が長いそうです。赤ちゃんも頑張って尻尾を動かして、細い綱の上に上手に立っています。


カンガルー よし、いくぞ〜

 お母さんから離れて冒険開始! 綱の上から葉っぱに手を伸ばし「あ、届かない……」といった表情を見せるキノボリカンガルーの赤ちゃん。そんな姿もとってもキュートで思わずクスっとしてしまいます。


カンガルー どうも、キノボリカンガルーです

 お顔はまるでクマやコアラのようなキノボリカンガルーですが、ぴょんぴょんと綱を登っていったり、地面を飛ぶ動きはやはりカンガルーです!


カンガルー 後ろ足でピョンッ!

 お母さんに見守られながら元気にぴょんぴょん。とっても好奇心旺盛な赤ちゃんは、自由に動き回っていろいろなものに触れるのが楽しい様子です。でもまだまだ幼くて、時には失敗してお母さんに甘えることも。


カンガルー お母さんの袋に入って、そろそろお休みタイム?

 小さな体で元気いっぱい! とってもかわいい赤ちゃん、これからもすくすくと元気に育っていってほしいものですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう