ニュース
» 2018年09月07日 15時06分 公開

日本インターネットプロバイダー協会、日本IT団体連盟の「海賊版サイトにDoS攻撃」案に「全く賛同しない」

[ねとらぼ]

 JAIPA(日本インターネットプロバイダー協会)は、“海賊版サイトに合法的なDoS攻撃を行うことで、サイトの閲覧を難しくさせる”という日本IT団体連盟の海賊版対策案について、「全く賛同するものではありません」とするコメントを発表しました。

JAIPAのコメント

 この案は政府が8月10日に開催した「インターネット上の海賊版対策に関する勉強会」で提案されたもの。日本IT団体連盟は「アクセス集中方式」と呼称し、ブロッキングと比べて技術的難易度が低く、無関係なサイトへの影響が(ブロッキングと比べ)低いとメリットを主張していました。ネットでは「法治国家の発想ではない」など批判的な声が多く上がっていました(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう