ニュース
» 2018年09月07日 20時46分 公開

災害時に無料で飲料を取り出せる自販機、「停電で使えない」ツイート出回る どんな仕組みかサントリーに聞いた

どのような仕組みになっているのか、災害時にどのようにすればいいのかを聞きました。

[ねとらぼ]

 サントリーが提供する、災害時に無料で飲料を取り出せる自販機「緊急時飲料提供ベンダー」。この自販機に「(地震による)停電で使用できない」という貼り紙が貼られている写真がTwitterで出回り、話題になっています。

緊急時飲料提供ベンダー(サントリーのWebサイトから

 当該の写真は北海道で地震の後に撮影されたもので、「災害時に役に立たないなんて」と批判的な意見が寄せられています。自販機には、「無電状態でも飲料を供給できます」と記されており、本来なら停電中でも利用できるはず。写真の投稿者は、停電で使えないのではなく、鍵がなく開けられないため「緊急時飲料提供ベンダー」として使えないようだと補足しています。

アイティメディア社内に設置された同様の自販機(画像を一部加工しています)
停電時にも使えると説明されている

 実際に「緊急時飲料提供ベンダー」はどのような仕組みになっているのか、災害時にどのようにすればいいのかをサントリー食品インターナショナル広報部に聞きました。

 同社によると、「緊急時飲料提供ベンダー」は平常時は普通の自販機として稼働し、災害時には電気の供給が停止した場合でも飲料を提供可能。官公庁、学校、病院など公共性の高い場所を中心に設置を案内しているといいます。

 「緊急時飲料提供ベンダー」は「ワイヤー式」「バッテリー式」の2種類。ワイヤー式は緊急時に専用の「非常開錠キー」で自販機の扉をあけ、自販機庫内の搬出ワイヤーを引くことで飲料を取り出せます。バッテリー式は、自販機扉についている緊急時ボタンを押すか、専用キーを回すことで、自販機内のバッテリーが起動し、ボタンのランプが点灯します。ボタンを押すと飲料を取り出すことができます。

「ワイヤー式」「バッテリー式」の2種類(サントリーのWebサイトから

 鍵の管理は自販機を設置している施設で行い、緊急時には設置先施設の判断で無償で飲料を提供できると同社は説明しています。

 では「いざ使おうとしたら管理者がおらず鍵が開けられない」といった場合にどうしたらいいのか――。「鍵がないと利用できないため、鍵を管理している設置先施設の担当者と連絡を取る必要がある」とのことでした。

 今回の件を受け、同社広報は「これまでも『緊急時飲料提供ベンダー』の設置先様に対して、緊急時の操作方法等をお伝えして参りましたが、今後、これまで以上にしっかりとご説明をしていきたいと考えております」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう