ニュース
» 2018年09月08日 10時00分 公開

人気漫画『やれたかも委員会』がボードゲーム化! “やれたかもエピソード”をみんなで判定

男女の飲み会にピッタリなゲームです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 今年の4月に地上波で実写ドラマ化もされた人気漫画『やれたかも委員会』がボードゲーム化され、クラウドファンディングサイトMakuakeにて支援を募っています。


やれたかも委員会 ボードゲーム カードゲーム クラウドファンディング これは盛り上がりそう……!

 漫画家・吉田貴司さんが「note」や「cakes」で公開する『やれたかも委員会』は、“やれそうでやれなかった”思い出を持つ人たちが登場し、彼らの話を3人の委員が「やれた」「やれたとは言えない」の札で判定するユニークな恋愛漫画。2017年にはAbemaTVで、2018年にはMBS・TBSドラマイズムの4月クールで実写化されたことでも話題になりました(関連記事)。

 そして今回登場した同作のボードゲームは、「出会い」「接近」「急接近」「ときめきワード」「セリフ」の全5種類のカードから、“やれたかもエピソード”をランダムにつくり、それをみんなで「やれた」「やれなかった」で判定するゲームとなっています。やれたかも委員会そのまんまだ……!


やれたかも委員会 ボードゲーム カードゲーム クラウドファンディング とってもオシャレなデザインです

 なお、自分のエピソードを披露するわけではないので気軽に楽しめ、またゲーム性もしっかりとしたカードゲームになっているとのことです。同プロジェクトは、以前にMakuakeで達成率500%を超える人気を集めたボードゲーム「THE仮想通貨」と同じく、ボードゲーム制作委員会「THE」が企画(関連記事)。さらにゲームのルール監修は、こちらも同じくおもちゃクリエーターの高橋晋平さんが担当しています。


やれたかも委員会 ボードゲーム カードゲーム クラウドファンディング カードを見てるだけもやりたくなる

 「THEやれたかも委員会カードゲーム」は、一般販売予定価格の約20%オフとなる3024円(税込)から手に入れることができ、また4500円のコースではプラスで「やれたかも札」が1本もらえます。いずれも数量限定なので、気になる方は早めにチェックしてゲットしましょう。

 原作者の吉田さんはコメントで、最初は「どーゆーことや?」とゲーム化にハテナが浮かんでいたとしつつ、実際にテストプレイすると「なんとも言えない”傑作”でした」と絶賛。また「誰でもすぐプレイ出来て、きちんと頭脳を使い、女の子も引かない内容になっております」と気になる部分にも触れています。男女が飲みで遊ぶゲームとしてちょうどよさそうかも……!


やれたかも委員会 ボードゲーム カードゲーム クラウドファンディング ※テストプレイに使った手作りのカード

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう