ニュース
» 2018年09月09日 10時55分 公開

KDDIが日本初「船舶型基地局」の運用を開始 北海道日高沖に停泊し電波を届ける

「実証試験や訓練を実施し備えていた」。すごいのが備えていました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 KDDIが、北海道胆振東部地震に伴い日本初の“船舶型基地局”「KDDIオーシャンリンク」の運用を開始しました。「KDDIオーシャンリンク」はKDDIグループが所有する海底ケーブル敷設船。日高沖に停船させ、日本で初となる船舶型基地局によるエリア復旧を図ります。


北海道胆振東部地震 船舶型基地局 au kddi 日高町 KDDIオーシャンリンク


北海道胆振東部地震 船舶型基地局 au kddi 日高町 船舶型基地局


北海道胆振東部地震 船舶型基地局 au kddi 日高町 北海道日高町(画像はGoogleマップから)

 北海道では、現在も地震の影響で陸上基地局が十分機能していない地域があるとのこと。これらの地域周辺で「KDDIオーシャンリンク」を運用することで、auユーザーは携帯電話サービスを使えるようになります。また、被災地域へ向けた飲料水・非常食等の救援物資を搭載・運搬しており、避難所などとして利用予定。

 船舶型基地局は、2011年の東日本大震災の教訓を生かして作られました。道路の寸断や光ケーブルの切断により陸路からの基地局復旧に困難を要した経験から、海側からエリア復旧が可能な沿岸地域を船舶に搭載する基地局によって通信を復旧すべく、関連機関の協力のもとで実証試験や訓練を実施し備えていたものとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう