ニュース
» 2018年09月10日 18時00分 公開

これは貴重な機会!? 「ホンダF1エンジン」ずらり公開 さくら市「さくらテラス」で特別展、9月11日から (1/2)

開催は2018年9月27日まで。

[ねとらぼ]

 栃木県さくら市の市内情報発信施設「さくらテラス駅前展示館」で2018年9月11日から、近年の歴代ホンダのF1パワーユニットを一挙公開する特別展示「Honda F1パワーユニット展示 挑戦し続けるDNAの形」が行われます。

ホンダF1パワーユニット F1エンジン (参考)ホンダF1パワーユニット「RA617H」(写真:ホンダ)

 公開されるパワーユニットは、ホンダF1の第四期(2015年から)で2015年のマクラーレン MP4-30に搭載された「RA615H」、2016年のマクラーレン MP4-31に搭載された「RA616H」、マクラーレン MCL32に搭載された2017年「RA616H」です。

 現代F1のエンジンの排気量はなんと1.6リッター。排気量の値だけならば往年の4AGエンジン搭載ハチロクとか、初代NA型ロードスターと同じで、よくある現代のコンパクトエコカーなどともあまり変わりません。しかしパワー、そして中見が大きく違います。2018年シーズンにおけるトップF1チームのパワーユニットは、1000馬力近い出力と熱効率50%を実現するとされています。

 2018年F1のレギュレーションでは、排気量1.6リッター、最大回転数は毎分1万5000回転、シリンダー仕様は90度バンクのV型6気筒、最小重量は145キロです。そしてこの1.6リッターV6エンジンにターボチャージャーと2種類のエネルギー回生システム、運動エネルギー回生システム「MGU-K」と熱エネルギー回生システム「MGU-H」、バッテリーなどを備え、これらで得たエネルギーを出力に変換するハイブリッドシステムを搭載しています。ちなみに熱効率は2010年くらいの一般ガソリン車で30%台、効率に優れるハイブリッド車でも40%にようやく達したほど。熱効率を1%高めるだけでもものすごい技術力が必要とされています。こういった技術が新世代の市販車にもフィードバックされていくのです。

ホンダF1パワーユニット F1エンジン 特別展示「Honda F1パワーユニット展示 挑戦し続けるDNAの形」概要(さくら市役所

 2015年、ホンダは7年ぶりにF1に復帰し、黄金期と呼ばれた第二期(1983年から1992年)と同じマクラーレンチームとタッグを組んだ「マクラーレン・ホンダ」の名称が復活したことから往年のような活躍が期待されました。そして2018年シーズンはトロ・ロッソチームとのタッグを組み、2018年9月現在、コンストラクターズランキングで8位に付けています。

 なぜ栃木県のさくら市でこのような展示が行われるのでしょう。それはさくら市にホンダF1を始めとするホンダ四輪モータースポーツの技術開発拠点「HRD Sakura」(本田技術研究所、2014年稼働)があるからです。ホンダF1をはじめとするホンダのモータースポーツ車両や新技術が誕生する、まさに聖地の1つ。ホンダの一般車向け工場で定期的、あるいは団体向けなどに開催されている工場見学コースはないようですが、今回を機会にさくら市・JR氏家駅まで行ったならば、聖地にも巡礼してみてはいかがでしょうか。

ホンダF1パワーユニット F1エンジン ホンダのモータースポーツ開発拠点「HRD Sakura」
ホンダF1パワーユニット F1エンジン 2015年参戦マシン「マクラーレン・ホンダ MP4-30」(写真:ホンダ)

さくらテラス特別展「Honda F1パワーユニット 挑戦し続けるDNAの形」

  • 開催 2018年9月11日〜9月27日 9時〜18時(月曜日休館)
  • 場所 「さくらテラス駅前展示館」(栃木県さくら市氏家2337-7) JR氏家駅東口
  • 最寄り駅 JR東北本線 氏家駅

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.