ニュース
» 2018年09月11日 14時40分 公開

まもなくホームにライブハウスがまいります レッドブルが山手線一周ライブイベントを1日限定で開催

いつもの電車がライブハウスに変身。

[大原絵理香,ねとらぼ]

 飲料ブランドの「レッドブル」が、東京の街全体を舞台にした都市型音楽フェスを開催。その企画のひとつとして、JR山手線の車両が「走るライブハウス」に変身するというユニークなイベント「62 MINUTES YAMANOTE LOOP」が実施されます。


山手線 レッドブル ライブハウス 大崎 山手線を一周する走るライブハウス爆誕

 走るライブハウスは、山手線の電車をそのまま使い、DJ機材やサウンドシステムを積み込んだ車内で音楽に身を任せ、日常の空間で非日常を味わおうという企画。イベントには「ちゃんみな」「Licaxxx」「Omodaka a.k.a. 寺田創一」の3アーティストが出演し、全長34.5キロの山手線を一周する約62分間にわたってスペシャルライブを披露します。


山手線 レッドブル ライブハウス 大崎 ちゃんみな


山手線 レッドブル ライブハウス 大崎 Licaxxx


山手線 レッドブル ライブハウス 大崎 Omodaka (寺田創一)

 62 MINUTES YAMANOTE LOOPは2018年9月22日に開催。13時18分大崎発の車両で行われ、14時20分大崎着で終了。すでにイベント参加の抽選申込の受付は終了していますが、通常ダイヤに組み込まれて運行するそうなので、タイミングさえ合えばホームから車両を見られるかもしれません。

 山手線を使用した音楽イベントはこの日だけですが、レッドブルによる都市型音楽フェスは10月12日まで、都内各所で行われるそうなので、気になる人は公式サイトをチェックしておきましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう