ニュース
» 2018年09月12日 14時45分 公開

「無地の新聞紙」が話題に 包装や緩衝材に便利なアレが購読しなくてもネットで買える

要するに10キロ1980円の「紙」なんですが、インクがにじむ可能性がないのはいいかも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新聞はとっていないけれど、新聞紙はワレモノを包むときなどに欲しい――そんなニーズに応える「無地の新聞紙」、つまり「紙」がネットで売られていると、Twitterで話題です。Amazon.co.jpでの価格は、厚さ0.06ミリのものが10キロ1980円、厚さ0.08ミリだと2480円(税込)。


紙 うん、要するに紙だ

 新聞の見開きサイズの紙が、4つ折りにされ束で販売。緩衝材やペットシートなど、さまざまな用途に使えます。何も印刷されていないので、普通の新聞紙のようにインクがにじむ心配もありません。


包装 引っ越しのときなど、ワレモノの包装に

緩衝材 物を箱に入れて送るときのスキマ埋めに

ペットシート ケージの敷紙にも

 Twitterでは、「夢の商品」「引っ越しに役立ちそうだし、防災グッズにも使えそう」「子どもが学校の工作で必要になることがあるので助かる」など好評です。その一方で、「新聞紙は再利用だからこそ意味があるのであって、緩衝材などほかの用途ならば専用の製品を使うほうが安い」との意見も出ています。

※画像はAmazon.co.jpより

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう