ニュース
» 2018年09月12日 17時42分 公開

平均睡眠時間、40代のほぼ半数が6時間未満 全年齢層の約2割が「睡眠での休養が不十分」 厚労省調査

できるならもっと寝たい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 厚生労働省が、2017年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を発表しました。そのなかで、1日の平均睡眠時間が、40代男女の約半数が6時間未満であることを特記し、課題としています。


平均睡眠時間 性別・年齢階級別の平均睡眠時間

 資料によると、調査対象は20歳以上の男女6595人。1日の平均睡眠時間は、「6時間以上7時間未満」と答えた人の割合が男性全体で35%、女性で33.4%と、最も高い結果になりました。次に回答の多い「6時間未満」と、「5時間未満」の合計は男性が36.1%、女性が42.1%。こうした全体の結果に対し、40代男性は48.5%、40代女性は52.4%と、各年代で一番高い数値が出ています。

 「ここ1カ月間、あなたは睡眠で休養が十分とれていますか」という質問では、全体の20.2%が「あまりとれていない」または「まったくとれていない」と回答。この項目でも40代は30.9%が該当し、各年代で最も高い数値を示しました。2009年からの推移を見ると、全体的な割合は有意に増加しているとのことです。


休養不十分 睡眠で休養が不十分と答えた人は増加傾向


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう