ニュース
» 2018年09月15日 12時50分 公開

40年経っても変わらない味 ヤマハの定番バイク「SR400」復活、40周年記念モデルも限定発売 (1/2)

レトロな定番バイク「SR」がモデルチェンジ。

[agar,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機は、ネイキッドバイク「SR400」に排出ガス規制への対応などの改良を施した新モデルを発表。同車種のデビュー40周年を記念した限定モデルとあわせて、2018年11月22日に発売します。

SR400 ヤマハ 40周年 バイク SR400(写真はヤマハ発動機より)

 1978年にデビューしたSR400は、伝統的なネイキッドスタイルに、シンプルで鼓動感が楽しめる399ccの空冷単気筒エンジンを搭載するバイク。クラシカルな外観だけではなく、スポークホイールやドラムブレーキ(後輪)、キックペダルを踏みおろすことでエンジンがかかるキックスターターを採用するなど、古き良き時代の面影を残したバイクとなっています。

 新型でも従来モデルの持ち味は変わらず、外観や性能、装備に大幅な変更は加えられていません。先代モデルは、厳しくなった排出ガス規制の影響を受けて2017年に生産を終了していましたが、今回はマフラーの変更をはじめとして、新基準でも生産を続けられるよう環境対策を施すといった改良が加えられています。

SR400 ヤマハ 40周年 バイク セルフスターターではなく、昔ながらのキックスターターを採用
SR400 ヤマハ 40周年 バイク

 SR400の新モデルは、ヤマハブラックとグレーイッシュブルーメタリック4の2色展開となっており、価格は57万2400円(税込)。

 また、デビュー40周年を記念したモデル「SR400 40th Anniversary Edition」も数量限定でラインアップされており、こちらはより所有感を満たす装飾が施されています。SRの歴史や世界観を表現したモデルとして、タンクの塗装はギターなどで見られるサンバースト塗装、職人による手塗りで仕上げられ、真鍮製エンブレムやレザー調シートを装備。メーターパネルには40周年記念のロゴ入りです。生産台数は500台のみとなっており、価格は69万1200円(税込)です。

SR400 ヤマハ 40周年 バイク SR400 40th Anniversary Edition
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.