ニュース
» 2018年09月19日 16時19分 公開

タイトー、「スペースインベーダー」「パックマン」「ギャラガ」のアーケード筐体を家庭向けに復刻

当時のアップライト型アーケード筐体を4分の3スケールで再現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 タイトーが名作アーケードゲームを筐体ごと4分の3スケールで再現する、「ARCADE1UP」シリーズを発表しました。第1弾のラインアップは、同社の「スペースインベーダー」と、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の「パックマン」と「ギャラガ」で、各5万8000円(税別)。発売時期は12月で、Amazon.co.jpにて先行予約を受け付けています。



インベーダー 1978年に世界的なブームを起こした、スペースインベーダーの筐体

パックマンギャラガ ナムコのパックマンとギャラガも。今後も幅広いラインアップが期待できる

 当時稼働していたアップライト型筐体のデザインはそのままに、高さ1163ミリという座って遊ぶのにちょうどいいサイズで再現。筐体は組み立て式で、30分程度で完成できるとのことです。


サイズ感 プレイの感覚は駄菓子屋に近いかも

 スペースインベーダー筐体は、モノクロとカラーの両バージョンを収録。パックマン筐体は日本未発売の「パックマンプラス」、ギャラガ筐体は「ギャラクシアン」をそれぞれ同時収録しています。

 同シリーズは東京ゲームショウ2018(9月20〜23日/幕張メッセ)でプレイアブル出展を予定。スペースインベーダー筐体が抽選で1人に当たるTwitter連動キャンペーンも、同時期に予定されています。


イメージ 出展イメージ

キャンペーン プレゼントキャンペーンは9月20〜24日に実施。気になる人はタイトートイズ公式Twitterをチェック


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう