ニュース
» 2018年09月25日 19時02分 公開

ドワンゴのディープラーニングを用いたアニメ制作支援技術が実用化 映画「フリクリ プログレ」などで使用

中割りを作る機能と、原画トレス機能、それぞれを擬人化したキャラクター「時季ヶ原姉弟」を立てて周知していくとのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ドワンゴが、ディープラーニングを用いたアニメ制作支援技術の実用化を発表しました。既に映画「フリクリ オルタナ」と、大塚製薬「カロリーメイト」のCM「すすめ、カロリーナ」の一部で使用されているとのことです。


フリクリ 9月28日公開の映画「フリクリ プログレ」の一部で同技術が使用

カロリーナ 6月に公開されたカロリーメイトのCMでも一部使用されているそうです

 同社の開発・研究部門「Dwango Media Village」は、アニメーターの作業をサポートするAI技術の研究開発を行ってきました。そのなかで今回実用化されたのが、アニメ制作における「中割り」(原画と原画の間の動作を描き足す工程)の工程をアシストする作画支援AIでした。

 同技術は2017年6月にレポートと実験動画が公開されたのち(関連記事)、アニメ制作関係者の協力を受け、原画トレス(原画の清書)工程にも対応するよう発展。2018年からはアニメ制作現場で実験的に使用されるようになりました。「フリクリ プログレ」では劇中劇キャラクターの原画トレスおよび、地面のひび割れや煙のエフェクトの中割りで部分的に使用。「すすめ、カロリーナ。」では、主人公の原画トレスの一部で使用されているそうです。

 ドワンゴは同技術をアピールするうえで、中割りと原画トレスの各機能を擬人化したキャラクター「時季ヶ原姉弟」を発表。アニメの動画工程を見習うアシスタントという設定で、今後関わった作品の告知などを公式Twitterで発信していくとのことです。


時季ヶ原姉弟 姉(左)の時季ヶ原埋(ときがはらうめる)が、中割り担当。弟(右)の時季ヶ原写(ときがはらうつす)が原画トレスを担当 (C)DWANGO


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう