ニュース
» 2018年10月01日 16時14分 公開

巨木が根こそぎ倒れる国営昭和記念公園、井の頭公園 台風24号、都内のあちこちに爪痕 SNSに写真続々と

都民の日でしたが国営昭和記念公園は終日休園に。

[ねとらぼ]

 9月30日夜から10月1日未明にかけて関東地方を通過した、大型で強い台風24号。国営昭和記念公園や井の頭公園など都内各所で倒木が発生し、SNSに次々と写真が投稿されました。24号は朝には本州から遠ざかり関東では台風一過の青空が広がっていますが、現在も復旧作業に追われるところもあり、爪痕のすさまじさが今回の台風の強さを物語っています。

国立昭和記念公園Twitter(@showakinenpark)の投稿より

 24号の中心の気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。関東では記録的な暴風により京王井の頭線や都営三田線、JR中央線など各線の線路内に木が倒れ、始発から2、3時間ほど運転見合わせが発生するなど通勤に大きな影響を及ぼしました。Twitterでは井の頭線の駒場東大前駅にて電車の上に木が覆いかぶさっている写真が確認できます。

Twitterに投稿された、都内における倒木の写真の数々

 また10月1日は「都民の日」で都の管理する美術館や公園などが入場無料となる日だったのですが、台風によって開園に影響が出た施設も。井の頭公園(武蔵野市)では巨木が根こそぎ倒れて公衆トイレを下敷きにしている写真が話題になっていましたが、その一角にある井の頭自然文化園でも開園時間を1時間遅らせるなど復旧作業に追われていました。

 特に国営昭和記念公園(立川市・昭島市)の被害は大きかったようで、公式Twitterは朝から園内で巨木が倒れている写真を何枚も投稿しながら「数えきれないくらい樹が倒れたり傾いたり折れたり。。。。」とツイート。最終的に終日の休園を発表しました。一面のコスモスが一斉に横倒しになった写真もあり、秋のコスモスまつりの開催を不安視したり「立て!!立つんだ!コスモース!!」など応援する声があがっていました。公園自体の開園のめどは立っていませんが、早い復旧を願うばかりです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう