ニュース
» 2018年10月02日 18時10分 公開

浅草に“完全キャッシュレスてんや”登場 訪日外国人向けで現金購入不可のハイテク店舗

調理場もキッチンディスプレイで調理をイラストで指示。外国人でも即戦力として働ける環境を整えます。

[コンタケ,ねとらぼ]

 天丼てんやを展開するテンコーポレーションが10月2日、東京都台東区に「大江戸てんや 浅草雷門店」をオープンしました。さまざまな決済方法に対応した“完全キャッシュレスてんや”となっています。


大江戸てんや 浅草雷門店 キャッシュレス 店舗外観

 この店舗で対応している決済方法は、VisaやMastercardなどの各種クレジットカード、Suicaや楽天Edyなどの各種電子マネー、アリペイとウィーチャットペイの中国モバイル決済。完全キャッシュレスで、現金の購入は不可となっています。これらについては店舗入口に大きく書かれている他、入店時に店員から説明があるとのこと。

 もともと「大江戸てんや」の元店舗となる「天丼てんや 浅草雷門店」では訪日外国人客が約9割を占めており、現金以外の決済を要望する声が多く上がっていました。メニューも分かりやすく選びやすいものになっていたり、フリーWi-Fiを導入するなど訪日外国人客向けのサービスを導入しています。


大江戸てんや 浅草雷門店 キャッシュレス 販売メニューの一部

 それ以外にも、4カ国語(英語、中国語、韓国語、日本語)に対応する多言語タブレットでの注文受付や、調理場にキッチンディスプレイを導入し調理手順をイラストで表示して外国人やシニア従業員でも即戦力になれるように配慮するなど、IT化が図られています。


大江戸てんや 浅草雷門店 キャッシュレス 店舗タブレット


大江戸てんや 浅草雷門店 キャッシュレス タブレットトップ画面

 「大江戸てんや 浅草雷門店」は、10〜21時(ラストオーダー20時40分予定)、席数は30席です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう