ニュース
» 2018年10月04日 10時22分 公開

ゲーム「ロックマン」、ハリウッドで実写映画化が決定

ドラマ「HEROES」などで知られるマシ・オカさんがプロデューサー。

[ねとらぼ]

 人気ゲーム「ロックマン」がハリウッドで実写映画化されることが決まったと、カプコンが10月4日発表しました。

ゲーム最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」キービジュアル

 「MEGA MAN」(仮称、MEGA MANはロックマンの海外名称)は20世紀フォックスが配給する予定で、制作は「猿の惑星」シリーズなどを手掛けた米チャーニン・エンターテイメントが担当。監督と脚本は「パラノーマル・アクティビティ3」などを手掛けたアリエル・シュルマンさんとヘンリー・ジューストさん、プロデューサーはドラマ「HEROES」などなどで知られるマシ・オカさんが務めます。

 「ロックマン」の世界観を踏襲した上で、「ハリウッド作品としてのエンタテインメントや壮大な演出により、ゲームファンのみならずアクション映画ファンまで、幅広い世代が楽しめる作品を目指します」とのこと。

ロックマンは30周年

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう