ニュース
» 2018年10月05日 18時02分 公開

バーコードを使ったスマホ決済サービス「PayPay」、ソフトバンクとヤフーが開始

[ねとらぼ]

 ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayが10月5日、バーコードを使ったスマホ決済サービス「PayPay」を開始しました。App StoreとGoogle Playでアプリを公開しています。

PayPay

 同サービスは、実店舗での買い物の代金をバーコード(1次元バーコード、QRコード)とスマホを利用して支払えるというもの。支払い方法には、ユーザーのスマホにバーコードを表示してお店がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式と、お店が提示したバーコードをユーザーがスマホアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式の2種類があります。

「ユーザースキャン」方式と「ストアスキャン」方式の2種
支払いの流れ

 ユーザーは、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(PayPay電子マネーまたはYahoo!マネー)での支払いと、クレジットカードによる支払いから選べます。5日時点での主な対応企業は、モンテローザ、アインファーマシーズ、メガネドラッグ、第一交通産業、マックハウスなど。

5日時点の対応企業

 PayPayサービス開始に伴い、「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済サービスは近く終了。「Yahoo! JAPAN」アプリからもPayPayのサービスを利用できるようになる予定です。

PayPayアプリ
QRコードスタンド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう