ニュース
» 2018年10月05日 18時54分 公開

スルガ銀行に6カ月間の一部業務停止命令 シェアハウス不正融資問題で

金融機関に対する行政処分としてはかなり重い内容。

[ねとらぼ]

 金融庁は10月5日、スルガ銀行に対し6カ月間の一部業務停止命令を含む行政処分を下したと発表しました。一連のシェアハウス不正融資問題を受けてのもので、金融機関に対する行政処分としてはかなり重いものとなります。


スルガ銀行に一部業務停止命令 スルガ銀行(編集部撮影)

 業務停止の内容は、2018年10月12日から2019年4月12日までの期間、新規の投資用不動産融資を禁止するというもの。また今後の再発防止や業務改善のため、各種改善策の立案や実行も求めています。

 スルガ銀行を巡っては、女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」の経営破綻がきっかけとなり、書類の改ざんや偽造などさまざまな不正行為が発覚。9月には第三者委員会による調査報告書をサイトで公開していました。


スルガ銀行に一部業務停止命令 今回の騒動“スルガスキーム”を簡略に表した図(編集部作成)(関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう