ニュース
» 2018年10月09日 14時00分 公開

猫たちと暮らす日々は小さな戦いの連続? 奇妙な猫エッセイ漫画が登場

なるほど、わけがわからん(ほめ言葉です)。

[k村,ねとらぼ]

 KADOKAWAは、漫画家の高嶋あがさ先生が描く猫エッセイマンガ「クレイジーキャッツとマッドファミリー」を9月28日に発売しました。


ALT ほっこりエッセイをお求めの方はご注意を

 「クレイジーキャッツとマッドファミリー」は、少し風変わりな家族と猫たちとの日常を描いたエッセイ漫画。なぜか紙袋で顔が見えない作者・高嶋あがさ先生、筋トレが趣味で毒ガスマスクをかぶった弟・ピロリッチさん、とにかく声がでかい甲冑姿の父・ダディの3人家族と、猫のちぃちゃん、ふぅちゃんとのクレイジーでちょっとバイオレンスな日常が描かれています。うん、何を言っているかわからないだろうが、私もわからない。


ALT 若干あたりがきびしいふぅちゃん 真顔がじわじわくる

 毎朝、高嶋あがさ先生のふくらはぎにかみつく起こし方をするふぅちゃんと、「プルッハァ〜ン」と謎の鳴き声と擬音を出しまくるちぃちゃん。2匹と暮らす毎日は、猫vs.人間の小さな戦いの連続です。ほんわかした猫エッセイ漫画とは一線を画す、いい意味でクレイジーな展開の数々が待っています。


ALT ふぅちゃんを愛するあまり荒ぶる高嶋あがさ先生

ALT 漫画に出てくる擬音のクセがつよい

 一度読むと抜けられなくなってしまいそうなテンションで進む終始奇妙な世界観。登場する全キャラの濃さにも注目せざるを得ません。もちろん中には、猫たちのかわいさを凝縮したような癒やされるエピソードも登場します。あぶねぇ、マッド過ぎて猫のかわいさを忘れてしまうところだったぜ……!


ALT ハラハラする2匹の脱走疑惑事件

ALT たまに出てくるかわいい2匹

 単行本には、ふぅちゃんとちぃちゃんの写真を掲載。また、高嶋あがさ先生のTwitterアカウントでは、えり抜きエピソードの冒頭シーンも紹介されています。


ALTALT ふぅちゃんとちぃちゃんの実際のお姿はこちら


 新感覚の猫エッセイ漫画「クレイジーキャッツとマッドファミリー」の価格は1000円(税別)。電子版はKADOKAWA公式オンラインショップ カドカワストアのほか、Amazonでも発売中です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう