ニュース
» 2018年10月09日 16時50分 公開

「あなたがいてくれたから」 須藤理彩、脳腫瘍で亡くなった夫・川島道行と2ショットで思いをはせる

2016年に脳腫瘍で亡くなっていました。

[のとほのか,ねとらぼ]

 女優の須藤理彩さんが10月9日にInstagramを更新。2016年に脳腫瘍で亡くなった夫でロックバンド「BOOM BOOM SATELLITES」川島道行さんの三回忌を報告し、夫への思いをはせました。

須藤理彩 川島道行 BOOMBOOMSATELLITES 脳腫瘍 三回忌 2016年に亡くなった川島さんとの2ショット(画像は須藤理彩公式Instagramから)

 「生き抜いた日。お疲れ様でしたの日。そして、ありがとうの日」「あなたがいてくれたから、私の人生もお陰様で豊かなものになりました」とコメントを添えて、川島さんとともに笑顔を浮かべた2ショットを公開した須藤さん。川島さんとは2006年に結婚し、2007年に長女、2011年に次女を出産し、4人家族となっていました。

須藤理彩 川島道行 BOOMBOOMSATELLITES 脳腫瘍 三回忌 娘の運動会に参加する須藤さん(画像は須藤理彩公式Instagramから)

 川島さんは、1997年に初期の脳腫瘍が発見された後、手術を繰り返すも、2015年には5度目の脳腫瘍を発症。2016年5月には同バンドの中野雅之さんが公式サイトで川島さんがまひなどの後遺症に悩まされている状況を明かすとともに、バンドの活動終了を発表していました


 同日には、中野さんもTwitterを更新。川島さんの三回忌に、「僕にとって新たなけじめの日。彼とのバンド、音楽、時間と記憶、そして仲間は永遠であり誇りです」と振り返り、「今日、もう一度川島くんに『ありがとう』と『さようなら』を言います」とコメントを贈りました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう