ニュース
» 2018年10月11日 18時00分 公開

女性F1ドライバーの育成が狙い フォーミュラに女性限定の新カテゴリ「Wシリーズ」2019年に始動、賞金総額1億6800万円

女性だけのフォーミュラ。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 世界最高峰のモータースポーツ「F1(フォーミュラ1)」への女性ドライバーの創出を目的として、女性のみで行われる新しいカテゴリ「Wシリーズ」が発表されました。

F1 Wシリーズ 女性 フォーミュラ 女性だけで行われる新フォーミュラ「Wシリーズ」

 フォーミュラの世界で活躍するドライバーの多くは男性。過去に例がないわけではありませんが、女性ドライバーという存在は珍しく、多くの人々に「男性の世界」と認識されてきました。

 F1の世界により多くの女性ドライバーが進出するには女性だけのシリーズが必要不可欠という考えから、テクニックやレースの経験など、キャリアを積むチャンスの場として用意されたのが今回発表されたWシリーズです。

F1 Wシリーズ 女性 フォーミュラ Wシリーズで使用されるマシン

 Wシリーズへ参戦するドライバーは、コース上でのテスト走行やシミュレータといった複数の試験を突破する必要があり、18人(最大20人)に絞られるそうです。レースでは「F3」で使用されている「タトゥースT-318」をベースにした統一スペックの専用マシンが用意されます。

 シリーズ戦はヨーロッパでスタートし、アメリカ、アジア、オーストラリアでも開催予定。賞金は1位から18位まで用意され、総額は150万ドル(約1億6800万円)。このうち50万ドル(約5600万円)はシリーズチャンピオンに贈られるそうです。

 女性だけの新しいフォーミュラ「Wシリーズ」がスタートするのは2019年春。

春山優花里@haruYasy.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう