ニュース
» 2018年10月19日 20時00分 公開

おじさん「わかっているよね?」 万引きを疑われた体験マンガに「自分もある」「トラウマになった」と共感続々

証拠が疑いを晴らしてくれる。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 お店で買い物をしたあとに見知らぬおじさんから万引きの疑いをかけられる漫画に同じような経験をした人から体験談が集まっています。描いたのは元アニメーターでTwitterユーザーのをぎくぼ虫さん(@wogikubomushi)。


万引き犯に間違えられた思い出 おじさんに声をかけられたかと思いきや

 をぎくぼ虫さんがアニメーターだったころ、仕事の休憩時間に友人と一緒に近くの薬局へ買い物に行きました。当時よく食べていた納豆を買い、レジ袋は断り商品を手に持ったまま店を出て、友人を店先で待つことに。すると見知らぬおじさんから小声で「わかっているよね?」と声をかけられます。一体何のことかわからないをぎくぼ虫さん。


万引き犯に間違えられた思い出 状況が飲み込めないをぎくぼ虫さん

 「わかってるよね? 見てるからね?」と畳み掛けてくるおじさん。「まだ会計してないでしょ」と言われ、ようやく自分が万引きの疑いをかけられていることに気付きます。しかし衝撃的すぎて、自分は万引き犯ではないとうまく伝えることができません。今思うと当時は仕事漬けでボロボロな様子だったため、誤解を与えてしまったのではないかと回想しています。


万引き犯に間違えられた思い出 万引き犯だと疑われている!

 運悪く商品にテープも貼ってもらっておらず、友人に助けてもらおうにもまだ店内で買い物中でした。ますます言い寄られてテンパりかけてきたそのとき、をぎくぼ虫さんは買い物したレシートを持っていることを思い出して提示します。おじさんはまじまじと見つめながら「うん……」と一言のみ。気まずい空気が流れますが、一向に謝る様子はありません。


万引き犯に間違えられた思い出 救世主レシート

 さすがにこれは失礼だろうと思い謝罪を要求しますが、おじさんは「警視庁の人と繋がりがあって……」とよくわからない言い訳を始めました。結局おじさんは謝らず、友人が出てきたためグダグダのまま帰ることに。その後、コインランドリーでおじさんとばったり再会しましたが、お互いにかなり気まずかったそうです。それはしょうがない。


万引き犯に間違えられた思い出 頑なに謝罪しないおじさん

 Twitterではこの漫画を受けて、自分も万引きを疑われたという体験談が続々と寄せられます。「やってもいない万引きの疑いをかけられてトラウマになった」「ゲームカセットを買って袋を貰わずに友達の家に向かっていたところ、知らないおじさんに万引きを疑われたが、持っていたレシートで証明した」など。被害が深刻な分、注意をはらい過ぎてこうして声をかけてしまうケースも少なくないのでしょうね。

 レジ袋はエコの観点から断ったり、有料のためもらわなくなるといった機会が増えてきました。この漫画ではレシートを持っていたことがトラブルの早期解決につながったため、商品を購入した証としてテープを貼ってもらったり、レシートを家に帰るまでは捨てずに持っておいたりすると、あらぬ疑いをかけられたときの自衛になりそうです。

画像提供:をぎくぼ虫さん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう