ニュース
» 2018年10月26日 09時30分 公開

「漫画村は違法か」判断の裁判、異例の判決延期に Cloudflareが判決数日前に答弁書

極めて異例の展開となりました。

[Kikka,ねとらぼ]

 日本の司法が初めて「海賊版サイト『漫画村』は違法なのか」を判断する裁判が、10月26日、東京地裁で判決を迎える予定でしたが、想定外の理由で判決の言い渡しが延期されました。


漫画村 東京地裁が4月16日に受理した訴状

 漫画家のたまきちひろさん(著書に『人生リセット留学。』、ドラマ化された『Walkin' Butterfly』など)が、「漫画村」にサーバを提供していた米Cloudflareに対し、運営者情報等の開示を求めている本訴訟(関連記事)。


漫画村 閉鎖状態となっている「漫画村」

漫画村 たまきさんの作品が無断掲載されていたことを示す証拠など

 4月16日に東京地方裁判所が訴状を受理した後は、裁判所からの正式な海外送達には時間がかかるため、たまきさんの代理人を務める東京フレックス法律事務所の中島博之弁護士からの英訳の訴状・証拠書類(アクセスログ等の漫画村の情報の保全請求も含む)が5月14日に米Cloudflareに直接送付されました。これを受けて米Cloudflareは8月16日に「漫画村に関するアクセスログ」を中島弁護士に対して開示した他、東京地裁で行われている訴訟には出席せず、争わない姿勢を示していました。

 そのため既に弁論は終結しており、あとは判決を待つだけの状態でしたが、10月下旬になって米Cloudflareから、「全面的に争う」との答弁書が提出されたことにより、東京地裁は判決日前日に弁論の再開を決定。極めて異例ともいえる判決延期の判断が下りました。


漫画村 米Cloudflareに到達した英訳の証拠書類

 ただし、米Cloudflareが弁論終結後、判決直前に答弁書を出した点だけがクローズアップされると、同社のマイナスイメージにも繋がるため、以下の内容もあわせて考えて欲しいと中島弁護士。今回の展開については「米Cloudflareは弁論の再開を求める要求をしておらず、あくまでも通信会社として『契約者のために争った』という姿勢を示すため、事実形式的に答弁書を提出したのではないかとみている」とコメントしました。

 また中島弁護士が小学館のマンガワン事業室の顧問を務めていることから、海賊版サイト対策の一環として、10月5日に米Cloudflareとの間でビデオカンファレンスが実現していたことを明かし、「今後、日本から適切な手続きで著作権侵害が申し立てられた場合、審理をした上で適切に対応しますという約束を取り付けることができた」と、これまで円満に話し合いが行われていたと語りました。

 なお米Cloudflareから開示された「漫画村」のアクセスログについては、中島弁護士が独自に解析を行い、すでに“漫画村の運営者とみられる人物”にたどり着いていると言い、この人物の素性やたどり着いたプロセスについては近日中に準備が整い次第発表を行う予定とのことです。

画像提供:中島博之弁護士

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう