ニュース
» 2018年10月27日 11時30分 公開

なぜシャープペンに初期装備されている芯の固さは「HB」なのか?

他の硬さを使う人にはかなり不便だよね。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 みなさんも、文房具店や雑貨屋でシャープペンシルを買ったことがあると思います。購入時に既に芯が入っているのが非常にありがたいですよね。買ったときに充電されていない電気製品なども、シャープペンシルを見習ってほしいです。



 ところで、この購入時に入っている芯は、大体「HB」です。筆者は「HB」派なのでありがたいのですが、≪「HB」以外派の人々にとってはどうでしょう。例えば「B」を使っている人は、買ってきたら芯を毎回入れ替える必要があります。

 シャープペンの購入時に入っている芯が、「HB」となっているのはなぜでしょうか。


文具メーカーに聞いてみる

 大手の文具メーカーに理由を尋ねてみました。

――初期装填(そうてん)の芯をHBとしているのには、何か理由や根拠があるのでしょうか。

パイロットコーポレーション:長年HBが最もたくさん販売されていて、普及しているといえる硬度です。そのため、出荷時の芯にはHBを入れています。

トンボ鉛筆:シャープ芯中で最も販売量が多い『HB』を装填しております。弊社は芯経0.3mm、0.5mmを販売していまして、硬度は2B、B、HBの3種です。この中でHBの販売量(=消費量)が約5割を占めます。そうしたことから、広くユーザーさんに受け入れられている硬度と判断し、この硬度を事務学習用のシャープペンシル販売時に装填しております。


 要するに、「HB」が圧倒的主流だから、「HB」を入れていますという回答でした。

 ただし、一部の高価格商品や特殊な商品には、「HB」以外を装填していることもあるとのこと。例えば三菱鉛筆さんは、グリップの部分がやわらかくなっている「アルファゲル」というシリーズには「B」の芯を装填しているというご回答でした。


なぜHBが主流なのか

 では、どうして数ある濃さのなかで、「HB」が最も使われているのでしょうか。

 「これが正解だ」と言い切れる答えではありませんが、パイロットさんのご回答で、こんなお言葉がありました。

パイロットコーポレーション:日本工業規格(JIS)では、中心硬度をHBに設定しています。HBを中心として、そこから、濃くて軟らかいほうは6B、硬くて薄いほうは9Hまであります。

 どうやらJIS規格に「中心硬度」という概念があり、それが「HB」を最も一般的な濃さ・硬さにしているらしいと考えられます。JIS規格も調べてみると、

硬度記号(hardness degree)

6Bから9Hに至るまでしんの硬さが増加し、9Hから6Bに至るまで線の濃さが増加していくことを表す区分記号。中心硬度はHBである。

出典:JIS S 6005 シャープペンシル用しん


 と書かれており、わざわざ「全区分のちょうど真ん中」では決してない「HB」を中心に定めています。



 推測ではありますが、

  1. JIS規格が「HB」を中心硬度と定めた。
  2. ビジネスシーンや学校など社会全体で、人々が「HB」をよく使うようになった。
  3. 各メーカーが「HB」を初期装填するようになった。

 という流れがあったのではないでしょうか。


おわりに

 最近では技術の進歩により、「B」や「2B」の柔らかめの芯も従来より折れにくくなっているそうです。こうした流れで「B」や「2B」のユーザーが大幅に増えれば、「HB」以外が初期装填される未来もあるのかもしれません。

 ただし、JIS規格がどんな経緯で「HB」を中心としたのかははっきりしませんでした。海外の規格をそのまま仕入れたのか、JISで定まる前から「HB」が主流だったのか。このあたりは継続して調べていければと思います。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう