ニュース
» 2018年10月30日 08時37分 公開

『進撃の巨人』ハリウッドで実写映画化 監督は「IT」のアンディ・ムスキエティ

製作・配給はWarner Bros.、制作は「ハリー・ポッター」シリーズなどのHeyday Filmsが担当します。

[ねとらぼ]

 講談社は10月30日、漫画『進撃の巨人』(作者:諫山創)がハリウッドで実写映画化されると発表しました

『進撃の巨人』 『進撃の巨人』

 監督は「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティさんが務め、プロデューサーは「ハリー・ポッター」シリーズや「ゼロ・グラビティ」のデイビッド・ヘイマンさん、「HEROES/ヒーローズ」に出演したマシ・オカさん、監督の姉で共に作品を手掛けてきたバルバラ・ムスキエティさん。

進撃の巨人 講談社の発表

 製作・配給はWarner Bros.で、制作は「ハリー・ポッター」シリーズなどのHeyday Filmsが担当します。

 作者の諫山さんや制作陣のコメントは『別冊少年マガジン』12月号(11月9日発売)に掲載予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう