ニュース
» 2018年10月30日 11時45分 公開

「そこは1993年のサラエヴォではないんじゃ 2000年代のグンマーなんじゃ」 コスプレ写真、海外歴史ブログで史実と間違えられる

まさかのグンマー。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「ちがうんじゃ そこは1993年のサラエヴォではないんじゃ 2000年代のグンマーなんじゃ」――とあるコスプレイヤーがかつて撮影した写真が、Web上であらぬ拡散をされ、海外の歴史ブログで誤って戦時中の写真として紹介されてしまう事態になっています。



 拡散された写真には軍服(コスプレ)の男性が2人写っており、立っている方の軍人が負傷して倒れ込んだもう一人を引っ張り上げようとしているように見えます。実はこのシチュエーションも撮影のための演出なのですが、問題のブログでは実際の戦地での一場面として紹介されてしまっています。

 画像を作成したのは、軍装が趣味でいろいろなコスプレをたしなんでいるというレッドアフガン(@narod47)さん。元の写真は2011年にレッドアフガンさんが同好の仲間と撮影会で撮ったもので、撮影場所は戦時下のサラエヴォではなく、現在は解体されたという群馬のとある物件でした。


グンマー 嘘みたいだろ、グンマなんだぜ、これ……

 写真には古ぼけて見えるよう加工が施され、写真の右下には「93 09 21(1993年9月21日)」という年月日を示す数字も記されている芸の細かさで、うっかりホンモノと勘違いしてしまうのも理解できます。ただし、よく見ると群馬の団地なので、きれいに舗装された地面や建物など、戦時下のサラエヴォと断ずるには不審な点が多いことにも気付きます。


グンマー ブログで転載されていた写真。レッドアフガンさんが写真を昭和っぽく加工するWebサービス「昭和の写真ジェネレータ(仮)」を駆使して、古い写真に見えるよう加工していたもの

グンマー 日付などの加工が無いバージョン(COSPLAYERS ARCHIVEより

 レッドアフガンさんは、日々のコレクションなどについて語るブログ「ザスタヴァ通信」を更新しているほか、Twitterのプロフィールに「軍装品屋」とある通り、Yahoo!オークションで実物軍装品を多数出品しているほどの筋金入りのマニア。

 写真はもともとコスプレイヤー用のSNSに投稿されたもので、海外ユーザーの利用者も多かったことから日本語と英語の説明書き付きで掲載されましたが、数年前から間違った情報で海外で拡散されはじめたとのこと。今回のブログに対してはレッドアフガンさんも「あああ、またか」「もう、一回拡散したらどうもならんな」と諦め気味です。



 ツイートを見た日本のユーザーからは「すごい戦場の臨場感がビリビリとつたわ……え 群馬?」「グンマーとは……ずいぶん修羅の国ですね……」「グンマーなら仕方がない」「このままピューリッツアー賞までいってもらいたい」と、架空の「独立国家」「魔境」としても親しまれているグンマー(群馬)が撮影地だったことに衝撃を受けた人からのコメントが多数寄せられていました。



 なおレッドアフガンさんは、画像を転載しているブログに対しては「セルビア・クロアチア語圏ミリタリーマニアかいわいの自浄能力に期待し、ブログ側には特に早急に訂正の勧告を行う予定はありません」とのこと。

 日本で話題になったのを期に、情報が訂正されると共にグンマーの魅力も海外に伝わるとうれしいですね。

画像提供:レッドアフガン(@narod47)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう