ニュース
» 2018年10月31日 13時30分 公開

仙台国際空港のパタパタ案内表示機が廃止に 「寂しいけどお疲れ様」と惜しむ声

歌番組「ザ・ベストテン」のランキング表示でもおなじみでした。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「パタパタ」の通称で親しまれてきた仙台国際空港の案内表示機が、10月27日に廃止となりました。前日には公式Twitterが稼働の様子を動画で公開。リプライで惜しむ声が多数寄せられています。


パタパタ 下から3番目の表示に注目

パタパタ パタパタ……

パタパタ パタパタパタパタ……

パタパタ 行き先や時刻などがカチャッと止まる(画像提供:仙台国際空港

 パタパタは、正式には「反転フラップ式」などと呼ばれる、多数の薄い板(フラップ)を回転させて文字や数字を表示する方式。表示の自由度が少なく、メンテナンスの手間もかかるといったデメリットはありますが、見やすく長寿命といったメリットもあります。

 仙台国際空港では、10月28日から新たな旅客搭乗施設「ピア棟」を供用開始。これに際して、発着案内表示システムをデジタルサイネージに刷新しています。


新システム 仙台空港のプレスリリースより、新たな発着案内表示システム。空港内の案内図や搭乗ゲートの変更情報なども表示できる

 リプライには「寂しいけどお疲れ様」「『ザ・ベストテン』みたいで好きだった」「博物館に残してほしい」などの声が上がりました。その一方で、伊丹空港や京浜急行電鉄の一部では、まだ稼働しているとの報告も寄せられています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう