ニュース
» 2018年10月31日 21時00分 公開

黒いページを火であぶると読めるようになる 特殊仕様の『華氏451度』

仏アーティスト集団Super Terrainが作成しました。

[ねとらぼ]

 真っ黒なページを火であぶると文字が出てくる――特殊な仕様の『華氏451度』(レイ・ブラッドベリ)が登場しました。

 同作は本が禁じられた架空の社会を描いた作品で、タイトルは紙が燃え始める温度である華氏451度にちなんでいます。そのテーマを変わった形で取り入れた特殊版『華氏451度』は、初めはページが真っ黒。火であぶる、手で暖めるなど熱を加えると、黒いインクが消えて文字が見えるようになり、冷めるとまた黒くなります。

 この特殊版は、仏アーティスト集団Super Terrainが作成。2017年にコンセプトを披露したところかなりの反響があり、商品化を目指すことにしたとしています。「このエディションはデジタル時代に、われわれの社会の記憶と文化の役割に対しレイ・ブラッドベリが提起した疑問を具象化している」とSuper Terrainは述べています。

 特殊版『華氏451度』は2018年12月31日までに150部の予約が入った場合に製造を開始し、合計で限定300部を販売する予定。予約価格は330ユーロ(4万円強)で、150部に届かなかったら返金するとしています。

(C)Super Terrain



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう