ニュース
» 2018年11月02日 18時00分 公開

未来がやってきた ドバイ警察で採用が決まった空飛ぶバイク「Hoversurf」一般販売へ、価格は1700万円 (1/2)

一家に一台、空飛ぶバイクの時代が近い……?

[haruYasy.,ねとらぼ]

 ロシアのベンチャー企業Hoversurfが開発した空飛ぶバイク「S3(スコーピオン3)」の一般販売が決定。公式サイトにて予約受付がスタートしています。

空飛ぶバイク ドバイ S3 Hoversurf 空飛ぶバイク「S3」がついに発売へ

 S3のボディはフレームも含めて、多くのパーツで頑丈かつ軽量な炭素繊維(カーボン)が採用されています。最高速度は時速96キロとなっていますが、これは法律による速度制限に対応するべくリミッターで制御しているとのこと。

 飛行時の高度は5メートルほどで、連続飛行時間は最長25分。基本的に1人乗りを想定した有人機ですが、無人による自律飛行も可能で、無人の場合は40分ほどの連続飛行が可能となっています。

空飛ぶバイク ドバイ S3 Hoversurf 無人機としても活動できるようになっています

 操縦はスティックタイプのコントローラで行い、専用プログラムで制御されます。離陸と着陸を自動で行ってくれるサポートシステムも搭載されており、誰でも簡単に操縦できるようになっています。

空飛ぶバイク ドバイ S3 Hoversurf スティック型のコントローラで操縦する

 S3の価格は15万ドル(約1700万円)となっており、Hoversurfの公式サイトにて受付中。注文時に1万ドル(約113万円)を収める必要があり、2カ月から6カ月で納品される見込みです。

 ちなみにHoversurfはアラブ首長国連邦のドバイ国とパートナーシップを締結しており、ドバイ警察の白バイとしてS3の採用が決まったと発表しています。ランボルギーニなどで構成されたドバイ警察が誇るスーパーポリスカーと共演したプロモーション映像も公開されています。

空飛ぶバイク ドバイ S3 Hoversurf ドバイ警察で採用が決まったそうです

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.