ニュース
» 2018年11月03日 19時00分 公開

iPhoneの背面をピッカピカに磨いて鏡面にした猛者現る 「かっけえ!」「昔のiPodみたい」と話題に

iPhoneを磨くという発想……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 iPhoneの背面をピッカピカに磨いて鏡面にした猛者が現れ、Twitterで話題になっています。想像を超えた反射具合がかっこいい。



 投稿したのはるーしぇん(@Nara_RuZ)さん。気に入るケースがなかったからと磨いた「iPhone 6s」は、元のゴールドがつるんとむけたかのようなきれいさで、鏡面反射により近くのものが見事に映り込んでいます。一体どれだけ磨いたらこうなるんだ……。


iPhone 背面 ピッカピカ 磨いて 鏡面 研磨 なにこれすごい

iPhone 背面 ピッカピカ 磨いて 鏡面 研磨 元のiPhoneの様子。これを磨くという発想よ……!

 やり方はひたすら磨くだけとのことですが、まずは使うサンドペーパーを「160→320→600→1000→1500→2000」と目の粗さをだんだん細かくしていき、次に金属用磨き剤「メタルコンパウンド(ワコーズ製)」、最後に液状金属磨きの「ピカール」を使用。そして指紋が付くのを防止するための仕上げとして、車用のコーティング剤でコーティングしているとのことでした。なお、テレビを見ながらやったため5時間くらいかかったそうです。職人かな?


iPhone 背面 ピッカピカ 磨いて 鏡面 研磨 途中経過はなかなかにショッキングです

 途中経過を見るとすごく大変そうですが、完成したピカピカのiPhoneを見るとちょっとチャレンジしたくなってきます。とはいえ、鏡面をキープするにはさらにクリア塗装などが必要だったり、そもそも「iPhone 7」以降は素材が違うのでできないなど、いくつか問題や条件があるので、挑戦する際にはあらかじめ確認しておきましょう。またAppleのサポートが受けられなくなる可能性もあるので、いずれにしても自己責任で行いましょう。


iPhone 背面 ピッカピカ 磨いて 鏡面 研磨 カメラはマスキングしつつ、難しい場所は磨くのを控えているようです

 コメントでは「これはすごい」「かっこいい」「普通に欲しい」など称賛の声が上がり、やってみたくなるという声も。他にも「大昔のiPod」を思い出す人も少なくなく、ある意味でApple好きにはたまらないデザインとなったようです。




画像提供:るーしぇん(@Nara_RuZ)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう