ニュース
» 2018年11月05日 20時45分 公開

これは思わず捨てたくなる とあるお祭りのポイ捨て防止策が天才的

票は社長やYouTuberなどに割れましたが、「はたらきたくない」もけっこうな人気を集めました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 とあるお祭りで、ちょっと粋な試みがされました。串や割りばし用のゴミ箱が、「将来の夢」を聞くアンケートの投票箱になっているのです。



投票 仕切りの縦目で投票者のカテゴリ、横目で投票先の「将来なりたい職業」を区分しています

 Twitterユーザーのぽんた(@777_ponta)さんが、小学校で見かけたゴミ箱。4列6行の仕切りで、小学生・大人・幼児といった投票者のカテゴリと、投票先の「将来なりたい職業」を区分けしています。お祭りの参加者に、自分に当てはまるところへゴミを捨ててもらえば、自然と投票が集まるわけです。

 票は世代や性別を問わず、「社長」「スポーツ選手」「YouTuber」などへ、およそ同数程度に割れました。サンプル数が少ないので安易に分析できませんが、「警察官になりたい」人が幼児に偏っているのは興味深いところです。戦隊ヒーローの影響もあるでしょうし、歳を重ねるにつれて、仕事の大変さが分かってくることもあるのでしょう。

 また、「はたらきたくない」もけっこうな人気で、各カテゴリから一定の投票がされました。「夢がない」といった見方もできますが、選択肢にやりたい職業がない人や、純粋に正直な人が少なくなかっただけかもしれません。


はたらきたくない 正直!

画像提供:ぽんた(@777_ponta)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう