ニュース
» 2018年11月06日 12時48分 公開

コミケ、2019年開催のC96・97を有料化 4日間2会場で経費増

有料のリストバンドによる参加者の識別を予定しています。

[ねとらぼ]

 2019年のコミックマーケット96・97について、有料化を予定していることを、準備会の共同代表がサークル向けの冊子「コミケットアピール」で明らかにしました。

コミケ会場となる東京ビッグサイト

 コミックマーケット96・97は東京五輪の影響で4日間開催になり、会場は有明と青海にまたがることに。2つの会場を参加者が行き来することから、リストバンドによる参加者の識別を予定。サークル通行証をリストバンド化し、カタログを購入しない一般参加者にはリストバンドを購入してもらうとしています。

青海展示棟は東京ビッグサイトから少し離れている(東京ビッグサイトWebサイトから)

 有料化は、会場が狭くなりサークルや企業ブース、広告が減る一方で、会期が延び会場が増えることで経費が増加することへの対応策であり、予想される混雑に対する安全対策でもあると説明。「こうした『有料化』はこれまでのポリシーやスタイルとは異なるのですが、4日間開催と合わせてご理解をいただけると幸いです」と述べています。

 運用の詳細については検討中で、詳細は今後発表されるとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう