ニュース
» 2018年11月06日 16時00分 公開

20世紀のバーチャルアイドル「伊達杏子」がお母さんになっていた!? 娘の「伊達あやの」がVTuberデビューへ

バーチャルの世界にも「2世」が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新人バーチャルYouTuberの伊達あやの(あやのん)が、11月8日からクラウドファンディングサイトのMakuakeでサポーター募集を始めます。まだ無名の彼女ですが、実は“2世タレント”。1996年に登場したバーチャルアイドル、伊達杏子の娘なのです。


伊達あやの 伊達杏子の娘、伊達あやの。母親と同じく、16歳でデビュー

 伊達杏子は、3DCGによるバーチャルアイドル。ホリプロの所属タレントとして歌などの活動を行い、デビュー曲の「LOVE COMMUNICATION」は、ドラマのエンディングテーマにもなりました。その後は活動を休止しつつも、デザインを刷新して金沢工業大学のサイトのナビゲートを務める(関連記事)など断続的に活動していました。1979年10月生まれで現在39歳ですから、いつの間にかお母さんになっていても不思議はない。


伊達杏子 伊達杏子公式Twitterを見ると、プロフィールに「元ホリプロ」の文字はありますが、果たしてこれは引退を意味するのか……?

 伊達あやののVTuber活動はまだこれからで、執筆時点ではTwitterでPRしている段階。ちなみに伊達杏子も、娘に言われてTwitterを始めています。いきなり「後ろの画像(編注:ヘッダー)はどうやって変えるのでしょうか」と、「ITにうといお母さん」感が全開でおかしい。


 伊達あやのは「お母さんに負けないくらい有名になります!」と宣言しました。ぜひ「伊達あやのの母が、伊達杏子」と呼ばれるレベルになってほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう