ニュース
» 2018年11月07日 07時30分 公開

憧れの人との会話のキャッチボールが全然うまくいかない漫画があるある まるで自分のことのようだと共感の声

脳内フリーズ状態。

[林美由紀,ねとらぼ]

 憧れの人と話す。そんなチャンスに驚くほど華麗に言葉のキャッチボールをする人もいますが、多くの場合はなかなかキャッチボールが続かなかったり、後からもっとこんなこと言えばよかった……と後悔したりするものかもしれません。

 そんなあるあるなお話を描いた4コマ漫画に、共感が集まっています。作者はTwitterでイラストや漫画などを公開しているバンザイ(@baaaaanzai)さん。


キャッチボール無理04 会話のキャッチボール、うれしい、でもツライ。

 憧れの人が、せっかく会話のボールを投げてくれても「あえ〜!?」「あはぁっ」と相づちを打つだけで、いいボールを返すことができず、結局、そのボールをその場に置いてしまう様子が描かれています。分かる……。


キャッチボール無理01 憧れの人と会話しているのに相づちしかできない……

 それなら2人でと会話をつなげようとしますがやはりうまくいかず、憧れの人の貴重な時間を浪費させてしまったと猛省。居てもたっても居られなくなり、またもやそっと会話のボールを置き、2人でその場を立ち去ってしまいます。もうどうにもならず、せっかくのキャッチボールを自分から放棄してしまうこと、よくある!


キャッチボール無理02 2人でならと思っても結果は同じ

 そんな状態なので、緊張しすぎて憧れの人の顔を見られないのは当然のこと。いろいろと話してくれるにもかかわらず、顔を見られないどころか、「オドロキです」「ビックリです」と同じ意味の言葉を繰り返すことしかできません。そして、失礼だからと意を決して憧れの人の顔を見ようとするも、顔中の筋肉がけいれんし、「お……おぎゃ……?」しか言えなくなってしまいました。


キャッチボール無理03 顔を見て話したいけど無理

 憧れの人と話す時には、なぜあんなにも語彙(ごい)が少なくなってしまうのでしょうか。普段ならもっとあんなこともこんなことも言えたし、聞けたのに、そんな思いをする人も多いかもしれません。気の利いたことが言えない自分が本当にふがいないんですよね。この漫画を読んだ読者からも「すっごい分かる」「私かよ」など共感を得ています。

画像提供:バンザイ(@baaaaanzai)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう