ニュース
» 2018年11月07日 14時36分 公開

「筋肉は裏切らない」「カメ止め」「おっさんずラブ」 平成最後のユーキャン流行語大賞、候補30語発表

「(大迫)半端ないって」「ボーッと生きてんじゃねーよ!」「#MeToo」などなど、トレンドで見かけたおなじみの言葉が散見。

[ねとらぼ]

 2018年の「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」候補30語が11月7日に発表された。ワールドカップで日本代表の大迫勇也選手が活躍した際に頻出した「(大迫)半端ないって」、NHKの番組「みんなの筋肉体操」から生まれた「筋肉は裏切らない」など、SNSで長くトレンド入りしたワードも多くあがっている。

流行語 大賞 2018 「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン新語・流行語大賞」公式サイト

 選ばれたのは次の通り。

 あおり運転、悪質タックル、eスポーツ、(大迫)半端ないって、おっさんずラブ、GAFA(ガーファ)、仮想通貨/ダークウェブ、金足農旋風、カメ止め、君たちはどう生きるか、筋肉は裏切らない、グレイヘア、計画運休、高プロ(高度プロフェッショナル制度)、ご飯論法、災害級の暑さ、時短ハラスメント(ジタハラ)、首相案件、翔タイム、スーパーボランティア、そだねー、ダサかっこいい/U.S.A、Tik Tok、なおみ節、奈良判定、ひょっこりはん、ブラックアウト、ボーッと生きてんじゃねーよ!、#MeToo、もぐもぐタイム

流行語 大賞 2018 「カメ止め」こと映画「カメラを止めるな!」(C) ENBUゼミナール

 口コミから人気に火が着いた映画「カメラを止めるな!」の略称「カメ止め」に、男性会社員同士の恋愛を描いたドラマ「おっさんずラブ」など、SNSで話題になった作品もいくつか入っている。今年初めてプロライセンス制度ができた「eスポーツ」や、コインチェックからのNEM流出事件が注目を浴びた「仮想通貨/ダークウェブ」など、以前から存在しながらも2018年だからこそ選出された言葉も目立つ。

 2017年の新語・流行語大賞の年間大賞は「インスタ映え」と「忖度」。平成最後の大賞はどの言葉が選ばれるのか、注目が集まる。

流行語 大賞 2018 NHKの番組「みんなの筋肉体操」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう