ニュース
» 2018年11月10日 20時55分 公開

「緑はもう、無いかもしれない。」 学校の課題で作った環境啓発ポスターが秀逸 「素晴らしい発想力」「センスの塊」

目に留まってイメージさせるデザインです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「緑はもう、無いかもしれない。」――∀steroid(@Asteroid0000)さんが学校の課題で制作したという環境啓発ポスターが秀逸だとTwitterで注目を集めています



 そのポスターに写っているのは、緑色のペンで線を引く手だけというシンプルなもの。しかしその横に書かれた冒頭の言葉のように、その線は途中でほとんどかすれており、「それまで使っていた“緑”が気づいたら無くなっている」といった森林資源の減少について考えさせられる内容となっています。これはイメージしやすくてわかりやすい。


緑はもう無いかもしれない 学校 課題 環境啓発ポスター ペン インク デザイン シンプルな中に込められたメッセージがグッとくる(画像提供:@Asteroid0000さん)

 また左下には、私たちが消費し続けている「緑」について「年間千三百万ヘクタール、日本国土のおよそ三分の一を失い続けています(※一部誤字を修正)」といった説明をあえて小さく記載。上記の目を引くシンプルさと併せて、「ん?」と気になった人に読ませて強い印象を与えるデザインが秀逸です。



 コメントでは「素晴らしい発想力」「センスの塊」など称賛の声が上がり、啓発ポスターとしてわかりやすくハッとする内容に鳥肌が立ったという声も上がっています。

 ちなみに森林減少についての情報は、森林保全活動情報サイト「Forest Partnership Platform」を参考にしたとのこと。近年では大規模な植林事業の成果もあって、プラスマイナスで見ると減少速度は多少ゆるやかになっていますが、それでも今なお年間520万ヘクタールもの森林が失われているそうです。


緑はもう無いかもしれない 学校 課題 環境啓発ポスター ペン インク デザイン 森林の表現「緑」を上手く使ったポスターデザインでした

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう