ニュース
» 2018年11月14日 20時00分 公開

「憧れのベリーショート」失敗して“金色のマリモ”に 大学デビューが粉砕される悲劇描いた漫画に反響

どうしてこうなった。

[ひーこ/プレスラボ,ねとらぼ]

 仲間由紀恵風ロングにしたはずが長州小力になってしまった漫画を以前Twitterに投稿し、話題になっていたも〜(@mori2ta)さんが、新作「憧れのベリーショートと私」を投稿しました。一体どんな髪型になるのでしょうか……?




アイキャッチ 何かが起こる気しかしない

 も〜さんは大学デビューをキメるため、オシャレな美容室を訪れました。張り切って、オシャレ上級者向けのベリーショートをオーダーします。それを聞くなり「ハイ了解しまブォオッへへへゴォッホホォホホォ」と盛大に咳き込んだのが今回の犯人……じゃなかった、美容師さん。なんだか体調悪そうだけど大丈夫かな……。一抹の不安を抱えるも〜さんをよそに、美容師さんは淡々と染め作業とシャワーを繰り返します。


漫画1ページ目 不安になる登場


漫画2ページ目 美容師のクセがすごい

 染め作業とシャンプーを繰り返すこと4回、も〜さんの不安はMAXに。そもそもオーダー時に見せていた写真の髪色はほんのりダークブラウン、「4回も染め作業をするなんて、あり得るのか?!」「し、しかしここはそういうやり方なのかも…信頼しないと」と葛藤するのも無理はありません。

 すると、ここでようやく美容師さんから「カットしていきます」の声が(めっちゃ咳き込みながら)。カット中、さまざまな不安を振り払うように雑誌に集中していたも〜さん。「ちょっと顔あげてもらっていいですか?」の声に目線を上げると、鏡に映っていたのは……金色のマリモ……!?


漫画3ページ目 怖くて鏡が見られない


漫画4ページ目 「★え…?」が面白過ぎてずるい



 その後どうなったかというと、爆誕した金色のマリモをどうにかするためバリカンでさらに短く刈ってもらった結果、金色のゴリラに進化してしまう悲しき過程が描かれています。

美容師さんも初めての事態。そしてどうにかなったかというと……

 リプライ欄には漫画の面白さを絶賛する声や、美容師へのツッコミなどが寄せられました。も〜さんは自身のブログで、「私本人はもう完全に話のネタとして昔から利用しているので、逆に若いうちに変わった経験できてよかったなくらいの気持ちでいる」とコメントしています。

 も〜さんの作品は漫画エールnoteでも閲覧することができます。


画像提供:も〜(@mori2ta)さん


ひーこ/プレスラボ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう