ニュース
» 2018年11月14日 16時57分 公開

卒塔婆がスーパーでカジュアルに売ってる!? 静岡県東部の習慣に戸惑う人・共感する人

地元からは「当たり前すぎて、全国区じゃないとは知らなかった」といった声も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 旅先でスーパーを訪れたら、卒塔婆が店先に並んでいた――そんな体験がTwitterで話題を呼んでいます。これは静岡県東部に見られる風習で、「静岡県民だけど知らない」「東部では当たり前だけど、よそにない風習だとは知りませんでした」といった声が寄せられています。


花立塔婆 店先でカジュアルに並べられた卒塔婆

 投稿主のガンタンクもなか(@ttkkn)さんに話を聞いたところ、写真は富士宮市のスーパー「POTATO 野中店」で撮影したもの。卒塔婆は91円(税別)で売られており、「南無妙法蓮華経」か「南無阿弥陀仏」と書かれたもの、お経のないものと、3種類あったそうです。


POP POPのノリが野菜っぽい

 この卒塔婆は「花立塔婆(はなたてとうば)」や「ミニ塔婆」などと呼ばれ、富士市・富士宮市・沼津市で用いられています。旧来これらの地域では、お墓参りの際に檀家同士で、竹製の花立を名刺代わりに置き合う習慣があったそうです。

 この習慣が時代の変化に伴って簡素化され、代わりに小さい卒塔婆を用いるようになり、彼岸の時期にスーパーなどで売られるように。名前を書いて墓に供えることで、誰がお墓参りに来たか分かるわけです。ツイートには、広島県西部や愛媛県宇和島でも同様の習慣があるとの報告が寄せられています。


 投稿主は、旅行中に地域のスーパーで見られる地方独特の品ぞろえを楽しみにしており、花立塔婆に気付いたのもその習慣から。これまで印象に残っている場所を聞いたところ、沖縄ではグルクン、山梨ではほうとうが、当然のように他の食品と並んで売っていたことだそうです。「観光資源としてでなく、地元の味として本当に親しまれていたことに感動しました」(ガンタンクもなかさん)

画像提供:ガンタンクもなか(@ttkkn)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう