ニュース
» 2018年11月15日 13時05分 公開

映画「ドラゴンボール超」試写会、一部招待客が“入場拒否”受けるトラブルに東映が謝罪文

オラに席を分けてくれ……。

[佐藤星生,ねとらぼ]

 東京・日本武道館で11月14日に行われた劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」のワールドプレミアにおいて、イベントに参加できるはずだった一部の当選者が入場規制されるトラブルが発生。これを受け、配給元の東映が公式サイトで謝罪しました。

ドラゴンボール DB ブロリー 劇場版 アニメ 野沢雅子 東映 Twitter オフィシャルページに掲載された謝罪文(画像は「ドラゴンボール超 ブロリー」オフィシャルページから)

 野沢雅子さんをはじめとする声優陣や主題歌を担当した三浦大知さんが出演したワールドプレミア。当初、プレゼント企画などで当選し、招待状をもらった合計5000人が入場予定でしたが、開場後に満席のため入場規制がかかり、一部のファンがSNSを通じて「入場できなかった」「招待状来たのに、入場拒否」「コスプレまでしたのに、入場できないってどうゆうこと」など不満の声が上がっていました。

 これを受け東映は15日、映画の公式サイトで「満席による入場規制のお詫び」という見出しの謝罪文を掲出。入場トラブルについて、「予想を大幅に上回るお客様にご来場いただいたため、運営側で混乱が生じ、一部のお客様のご入場をお断りする事態となりました」といきさつを説明し、「ご来場いただいた皆様方に多大なるご迷惑をお掛けしてしまいましたこと、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪しました。

 ネットでは今回のトラブルについて「可哀想過ぎます」「これは気の毒」「それはちょっとねー。世間が許してくりゃーせんよ」と入場できなかった招待客に同情する声が寄せられています。また、ファンに配られた招待状には、「満席の際は消防法の規定により、入場をお断りいたしますので予めご了承ください」との記載がされていることから、「ちゃんと当選ハガキには『消防法』によりと法律を遵守する旨が明記されてます」「葉書に確かに書いてあったけどもなんとか出来んかったんかなぁ」「当選ハガキが来たら誰もが入れると思っちゃうよ。整理番号制にすれば良かったのに……」などさまざまな声が寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう