ニュース
» 2018年11月23日 11時30分 公開

お札の端にでっぱりがあるって知ってた? 千円札は「一」、一万円は「L」、では五千円札は? (1/2)

今すぐ財布から取り出して見てみよう!

[QuizKnock,ねとらぼ]

 日本円のお札にはさまざまな工夫がなされていますが、「お札の端にでっぱりがある」ことは知っていますか?



 よく見ると印刷されているこの黒い線。存在にすら気付いていなかった方も多いのではないでしょうか。


理由はバリアフリー

 この黒い線は、視覚などに障がいのある方々が、お札の種類を区別できるようにつけられたものです。

 お札の上で指を動かしていくと、黒線の部分だけが出っ張っているような感触があるでしょう。このでっぱりの形状がお札の額面によって異なっていて、お札がどの種類か分かるようになっています。


額面によって形状が違う!

 例えば、千円札には横棒が、

千円札

 五千円札には正八角形が、

五千円札

 そして一万円札には、アルファベットのLと、それを反転させたような形の線が入っています。

一万円札

 これらの印は、それぞれのお札の右下・左下の両方に入れられています。みなさんも、目を瞑って財布から取り出して、どのお札か当ててみてください。


それでも使いやすさには欠ける?

 実際に触ってみた方は、お札を区別できたでしょうか。すぐにできたという方はかなりすごいと思います。慣れるまではみなさん苦戦するものでしょう。このほかに、左下のつるつるしたホログラムや、紙の横の長さなどから区別する方法も使われています。

 しかし、そうやって触って区別できたとしても、まだまだ不便なことはあります。レジで何枚かお札を出すときに、1枚ずつ指を這わせているのでは時間がかかるでしょう。視覚障がい者の支払いが簡単になるような工夫は、まだまだ足りていないのです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.