ニュース
» 2018年11月20日 21時00分 公開

本棚に“路地裏”が現れるアート作品「路地裏bookshelf」に称賛の声 「すごいステキ」「好きすぎる」

その場所の空気感を感じる「路地裏」の物語をアートに。

[宮原れい,ねとらぼ]

 本棚にステキな雰囲気の路地裏が現れるアート作品「路地裏bookshelf」に称賛の声が上がっています。見てるだけでワクワクが止まらない……!



 少し厚めの本といった大きさの作品で、その中のわずかな空間にリアルな路地裏が広がります。のぞくと室外機や家の裏口や窓などが見え、木ならではの温かい質感とオレンジ色の光がノスタルジックな空気感を醸し出しています。物語を想像させる、奥の見えない曲がった道がグッとくる……。


路地裏 ブックシェルフ ブックエンド デザイン ハンドメイド 販売 本と本の間に現れる“路地裏”に物語を見る

 作者はTwitterユーザーのmonde(@monde55212068)さん。さまざまなアート作品を制作しており、以前にも「デザインフェスタ」に出品した同シリーズが「素晴らしい」「すごいセンス」と話題に。今回のは文庫本サイズ版で、見た目がかわいらしいだけでなく、路地裏をライトアップする電源スイッチを表面に搭載しています。


路地裏 ブックシェルフ ブックエンド デザイン ハンドメイド 販売 静かな雰囲気と、温かみのある質感がまたステキです

 ほどよいサイズ感なので、サンプル写真のように本と本の間に置いてインテリアとして楽しむも良し、ブックエンドとして使っても良し、また単体で机の上に飾っても良しと、いろいろな楽しみ方ができそうです。


路地裏 ブックシェルフ ブックエンド デザイン ハンドメイド 販売 ライトアップした路地裏の空気感が素晴らしい……

 Twitterではたくさんの「欲しくなる」「買いたい!」の声が寄せられていますが、mondeさんに伺うと「路地裏bookshelf」はTwitterのダイレクトメールにて受注生産を行っているとのこと。価格は基本サイズが2万5000円、今回の文庫本サイズは2万円(送料別途)。なお制作期間は2〜3カ月程度とのことなので、受注数などによってはさらに届くまでに時間がかかるかもしれません。

 またmondeさんは前述したように「デザインフェスタ」に定期的に参加しているので、実物を見たい方や他の作品も気になる方は、Twitterで参加イベント情報をチェックするのがいいでしょう。




画像提供:monde(@monde55212068)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう