ニュース
» 2018年11月20日 18時15分 公開

業務中に堂々Twitterしたい!→TwitterをSlack風に表示できるChrome拡張を開発する天才的サボリ

調整が済み次第、公開する予定だそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「業務中も堂々とTwitterをしたい」――そんな欲望から、Twitterをビジネス向けチャット「Slack」風に表示するChrome拡張を開発してしまう会社員が現れました。サボるためなら苦労をいとわない、その心意気がステキ。


slatter 色調といいレイアウトといい、見た目はだいぶSlack。でも内容はTwitterのタイムライン

 作者は面白法人カヤック在籍のデザイナー、ちゃんちー(@chihirooo0707)さん。デモ動画では、Twitterの公式クライアントの画面を、瞬時にSlack風に切り替えています。画像などの表示を簡略化しつつ、ツイートの入力枠は下方にと、インターフェースはすっかりチャットツール風に。それでいて、検索やメッセージなど、Twitterの操作はひと通りできるようになっています。


slatter

slatter タイムラインが瞬時にSlack風に。画像表示が省略されて、画面あたりの情報量が増えるメリットも

 「天才の発想」「ツイ廃増えそう」「配信はいつですか」と、ツイートは好評。まだ試作段階で、整えてから正式に公開しようと検討しているとのことです。もっとも、実現したらしたで、TwitterとSlackをまたいだ誤送信が増えそうでちょっと心配。

画像提供:ちゃんちー(@chihirooo0707)さん ※一部、編集部でモザイク加工をしています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう