ニュース
» 2018年11月23日 20時39分 公開

CoCo壱番屋が初の「糖質オフ」メニュー発売 ご飯の代わりにカリフラワーを使用

1食あたりの糖質を約半分に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)は、ご飯を減らす代わりにカリフラワーを使用した糖質オフメニュー「CoCo de オフカレー」を12月1日から全国で販売開始します。


CoCo壱番屋 ココイチ 糖質オフメニュー カリフラワー CoCo de オフカレー 3パターンの「CoCo de オフカレー」を提供

 同社は、食・楽・健康協会が提唱する「ロカボ」の基準「1食で20〜40グラムの糖質量」を満たすメニューを開発。カレーライスで多くの糖質を含む「ご飯」の量を約30グラムに減らし、代わりに糖質の少ない「カリフラワー」を約120グラム使用することで、1食あたりの糖質を約半分に抑えたとのことです。

 ラインアップは、トッピングを各2種類ずつ組み合わせた「ほうれん草&フライドチキン」「ミニハンバーグ&チーズ」「イカ&ソーセージ」の3パターン。カレーソースは「ポークソース」で、変更も可能です。価格は各690円(税込)。



※上記の価格は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府の店舗での価格です。それ以外の地域では上記の金額から20円(税込)引きの価格となります




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう