ニュース
» 2018年11月25日 13時38分 公開

Facebookで17歳の「花嫁」がオークションに 国際NGOが政府に調査求める

[ねとらぼ]

 Facebookで17歳の少女を「花嫁」としてオークションにかけられたとして、子どもの権利を推進する国際NGO、Plan Internationalが南スーダン政府に調査を求めています。

Planの声明

 同団体によると、5人がオークションに入札し、その中には政府高官もいたとされています。少女の父親は娘と引き換えに牛500頭と車3台、1万ドルを得たと伝えられています。CNNの報道では、Facebookはオークションの存在を知るとすぐに削除したものの、そのときには既に少女は結婚していたとのこと。

 Planは「この時代に世界最大のSNSで少女が結婚のために売られるというのが信じられない」とし、政府に調査を要求。「児童婚は深刻な人権侵害であり、少女に対する一種の暴力だ」と同団体は述べています。

Planによると18歳未満の少女が毎年1200万人結婚している

 少女と結婚した男性はCNNの取材に対し、結婚は国の伝統に従ったものであり、オークションはなかったと否定するコメントを寄せています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう